ビッグデータからエンジニアリングインテリジェンス(EI)を提供

データから得た洞察を開発部門からリモートにいる他部門へ即時に共有できます。

特徴1:可視化・分析ツール

メトリクス、地図、カメラの画像やビデオ、3D点群など、あらゆる種類のエンジニアリングデータを可視化します。

特徴3:レポート作成

社内または社外の利害関係者とのコミュニケーションに役立つ専門的なレポートを作成します。

特徴2:データ共有・アクセス権限の一元管理

個人またはグループ単位の権限設定を行ない、組織内のテラバイト規模のエンジニアリングデータを一元管理します。

特徴1:可視化・分析ツール

技術的問題の診断を効率化

ワンクリックまたはAPIベースの自動一括アップロードでデータを数分で可視化します

  • 自動データセット認識を使用してデータを即座に可視化できます。モジュラーウィジェットを使用して表示をカスタマイズすることも可能です。
  • 3D再生モードで、UAV、ドローン、またはロボットからリアルタイムまたは過去のデータをストリーミングできます。
  • 組み込みの統計分析ツールを適用するか、独自のデータマイニングアルゴリズムを定義できます。
  • データに異常を見つけた場合、データにタグおよび注釈を追加して異常を強調できます。
  • 業界標準データソースとフォーマット(csv、rosbag、xviz、.px4log、.dmp、.pprof、.kml)に対応しています。

特徴2:データ共有・アクセス権限の一元管理

技術情報(EI)の共有を促進

複数拠点のチーム・ベンダ間における情報共有の抜け漏れをなくし、全員が常に同じ情報にアクセスできる状態を実現します

データセットにアクセス制御ポリシーを個別または一括で設定します。販売、マーケティング、PR部門、さらには第三者機関がアクセスできる情報を制御します。

特徴3:レポート作成

データから得た洞察でプロ並みのレポートを作成・共有

組織内または外部の利害関係者とのコミュニケーション促進に役立つ専門的なレポートを作成して共有します

  • Googleの所定テンプレート(ケーススタディ報告書、提案書、評価報告書など)を使用するか、独自のカスタマイズ可能なレポートを作成できます。
  • 複数のレポート形式(PDF、DOC、PPTなど)および公開範囲(プライベートまたはパブリック)を選択できます。

エンジニアが扱うあらゆるモビリティIoTデータの可視化を実現するワンストップソリューション

モビリティIoTの開発、テスト、運用において、エンジニアは複雑で膨大な量のデータを管理・分析する必要があります。
モビリティIoTのデータ管理・分析をわたしたちのソリューションで自動化することで、エンジニアがより本質的で重要な課題に集中できる環境をお届けします。