簡単なセットアップで今すぐ利用できます

組み込み環境で今すぐデータ解析をはじめよう

アプリケーション性能管理 (APM)

プログラムコード内の性能ホットスポットを特定します。

ソフトウェアクラッシュレポート

デバイス故障時に事後解析・例外データ(スタックトレースおよびメモリダンプも含む)を収集します。

ログ収集&監視

OSおよびアプリケーションが生成したログを自動収集・監視します.

メトリクス収集

各種センサー、ハードウェア、アプリケーションからメトリクスデータを即時収集します。

システム情報収集

ハードウェア・ソフトウェアコンポネントのインベントリを一元管理します。

イベント・アラート

例外の動きを発見した際、付属のトリガーでお知らせします。

ベンチマーク・解析テスト

標準テストでシステム性能を計測し、システムのハードウェアに関連する慢性的または断続的な問題を発見します。

外部サービスとの統合

お好きなストレージ・分析プラットフォームにカンタンに統合できます。

アプリケーション性能プロファイリング

不備のあるコードによって引き起こされる非効率性・性能問題を解消しよう

アプリケーションをプロファイルしてコードのホットスポットを修正し、サクサクの動作を実現できます。

  • CPUプロファイリングデータを収集し、コールグラフによるビジュアライゼーションで実行コードのホットスポットを特定します。
  • メモリ使用率のスナップショットを継続的に生成し、不要なメモリの割り当てを排除します。
  • メモリ不足のバグを引き起こす原因であるメモリリークを特定します。

資料を見る
ソフトウェアクラッシュレポート

プロダクトクラッシュについての事後解析データ収集しよう

包括的なクラッシュレポートを作成してプログラムクラッシュについてのデジタルフォレンジックを実施します。レポートに含まれるもの:

  • プロセス環境 (eg. 環境variant、コマンドストリングなど)
  • スレッドの状態 (eg. コールスタック、コンテンツ登録など)
  • ロード済みモジュール (eg. 共有ライブラリ、マップ済みファイルなど)
  • メモリダンプ

クラッシュレポートをPSYGIG diagnostic platform自動アップロードし、プログラムクラッシュを追跡および解析することができます。クラッシュレポート分析ツールを使ってコードのエラーを特定・修正できます。

資料を見る
ログ収集・監視

アプリケーションソースからログデータを集めよう

数百ものソースから自動でログデータを収集します。収集可能なデータは下記を含みます:

  • オペレーティングシステムログ(例:syslogd, journald, rsyslogd, syslog-ng)
  • アプリケーションログ(例:apache, nginx, docker, redis, mongodb)

PSYGIG diagnostic platformへの自動アップロードまたはストリーミングを通じて、大量のログデータを監視、保存、分析できます。付属のログ解析ツールを使ってログデータの不規則を検知し、バグの特定・予測に活かすことができます。

資料を見る
メトリクス収集

アプリケーションとセンサーからRawメトリクスを収集しよう

たった1行のコマンドで、数百ものソースから定期的にメトリクスを収集できます。収集できるメトリックデータの例は下記の通りです。:

  • CPU(例:使用率、温度、クロックスピード)
  • GPU(例:使用率、メモリ使用量)
  • メモリ(例:RAM使用率)
  • ディスク(例:Read/writeスピード、応答時間)
  • ネットワーク(例:send/receiveスループット)
  • オペレーティングシステム(例:プロセス数、オープンソケット)

メトリックデータの自動アップロードまたはストリーミングPSYGIG diagnostic platformに設定し、付属もしくは独自のデータマイニングアルゴリズムを適用することで、メトリックデータ内の異常を特定できます。

資料を見る
システム情報収集

ハードウェア・ソフトウェアコンポネントを追跡しよう

下記のようなシステムコンポネントの仕様・バージョン情報を収集できます:

  • CPU(ブランド、モデル、コア)
  • GPU(モデル、メモリ、スピード、コア)
  • RAM(タイプ、モデル、スピード、ECC)
  • ファームウェア(ベンダ、バージョン)
  • オペレーティングシステム(kernel、variant)
  • センサー、その他コンポネント

PSYGIG diagnostic platformを導入することで、特定のコンポネントモデルの性能および解析トレンドをシステム情報から特定できるようになります。

資料を見る
イベント・アラート

エラー・異常発生時にお知らせを受け取ろう

付属または独自でイベントトリガーを設定し、特定の異常コンディション時(例:CPU使用率が高いとき、バッテリー残量が少ないときなど)に自動でイベントをお知らせします。 device managementと一緒に使用することで、特定のイベントを追跡してモバイルデバイスに即時通知を送ります。

資料を見る
ベンチマーク・解析テスト

業界基準のテストを実行してデバイスの性能を証明しよう

包括的なテストを実施してデバイスの性能と信頼性を評価します。テストでは下記のコンポネントをチェックします。:

  • CPU
  • GPU
  • RAM
  • ストレージデバイス
  • ネットワーク
  • センサー、その他コンポネント

テスト結果を継続的にトラックして、PSYGIG diagnostic platform.を使用することで、パフォーマンスとエラーのトレンドを特定できます。デバイスのベンチマークと解析結果を示した比較チャートを生成することで、製品の競争力を顧客に伝えることができます。

資料を見る
外部サービスとの統合

データをお好きな外部の分析プラットフォームに移行できます

Triage SDKが対応している外部のプラットフォームについてはthird party platformsをご覧ください。

ソースコードの修正やリコンパイルは一切不要

アプリケーションの性能と強靭性を高める作業はTriage SDKにお任せください。
あなたがアプリケーションの開発にもっと集中できる環境をお届けします。
Free download